R・ヒラサワの〜Novelist's brain〜

ショートショート作家 R・ヒラサワが多方面から小説の書き方を解説。新作随時公開中!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/未来から来た男

創作の動機/未来から来た男

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『未来から来た男』です。

ショートショート『未来から来た男』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com

 

【CONTENTS】

 


過去の出来事


タイムマシンを扱った小説や映画は数多く存在しますが、やはり問題となるのは『矛盾点』です。実際に私の書いている物語でも、ある程度そう言う部分は含まれているかと思います。私見ですがエンタテインメントとして成立するならば、多少そのあたりはあっても良いのではないかと思っています。私が重要視するのは『何故タイムマシンなのか』と言う部分で、それを使うの事が何かの『逃げ』であったり『誤魔化し』ではいけないのです。
今回のテーマが『時空』であった事から単純に『タイムマシン』に繋がったのは事実ですが『時空』を扱う事ならではの物語に仕上げる必要があるのです。それが勿論『伏線』や『オチ』に関わっているのは言うまでもありません。

 

 

常にカテゴリーランキングに登場する人気の指南書『作家脳シリーズ』第一弾!

 

抽出されたネタ


【時空】【タイムマシン】【思い込み】


テーマに沿って『時空』と『タイムマシン』があって、そこに『思い込み』と言うワードを加えました。
人はある一定の条件を目にした時、思考の中に『憶測』が生まれます。そして、その考えによって次の行動を起こす訳ですが、例えばそれが『間違い』であった場合、その先はどうなるか? 
現実世界でもある程度の割合で起こっているであろう問題だと思いますが、そこに『タイムマシン』が絡むと、『よくある問題』では済まされないですよね。場合によっては、そもそも向かう『日時』が違っている訳ですから、全く目的が果たされないのです。今回は、そんな流れで思考を巡らせました。

 

創作の開始地点

 

自分が生まれる前に離婚した両親。母に引き取られた主人公は女手一つで育てられますが、学校を卒業して就職先が決まった矢先に母は他界します。『心労』が大きかった母。その原因は、両親が離婚した直後に現れた男の存在で、母と結婚の約束をしておきながら、多額の借金を残し、姿を消したのです。主人公の心の中には、常に男への復讐心が。
時代はやがて『タイムマシン』が使える時へと移り変わり、主人公は男と母の出会いを阻止する為、その時代へと向かうのです。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの?Novelist's brain? - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/リポート

創作の動機/リポート

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『リポート』です。

ショートショート『リポート』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com

 

【CONTENTS】

 

過去の出来事


女性同士が『不仲』になった原因として、互いに独身だったのに一方が結婚し、その幸せな生活ぶりを耳にするうち、未婚の女性側が嫉妬して絶縁状態になった話を聞きました。それとは別に、私自身がかつて『営業関係』の仕事をしていた時代、個人宅への訪問がメインだったのですが、中にはとても無理な注文をする方が居て、困り果てた経験があります。
今回の作品は、これら二つのエピソードが反応して出来た様な、そんな印象がありました。

 

抽出されたネタ

 

【食】【不仲な女性】【無理な注文をする客】

この時のテーマは『食』で、女性たちが不仲になる原因に『食』を関係させようと思いました。『食』と言っても女性なので、食べ物の取り合い辺りはあまり適当ではなく、それならば『セール品の奪い合い』の方がしっくり来そうです。
しかし今回選んだのは『ダイエット』。過去の女性たちの話に関連させたのです。その時の話では一方の結婚でしたが、今回は『結婚』を『ダイエット』に変える。つまり、ダイエットには興味のなさそうだった二人のうち、一方が密かにダイエットを始めるのです。
あとは『注文』の問題です。このダイエットに関連した商品があって、そこにお客と営業マンの関係が出来上がる。そんなイメージでしょうか。

 

創作の開始地点

 

親友と呼べる間柄の二人の女性。普段は行動を共にする事も多く食事も一緒。気付けば二人揃って『ぽっちゃり体型』になっていた。お互い彼氏が居ない事から『男性よりも友情』といった空気が二人の中にあった。
しかし、主人公には社内に気になる男性の存在。友人に内緒で始めたダイエットコースは、それをサポートしてくれるロボットのレンタルとダイエットコースがセットだ。
初めは順調に減った体重も、ある日を境に上手く落ちない。焦る気持ちに追い討ちをかけるかの様、何故か友人まで痩せてきている気がする。嫌な予感がした主人公は、レンタル中のロボットに詰め寄り問いただすと、主人公よりも先に友人がダイエットコースを始めていた事実が判明。さて、二人の運命や如何に?

 

 

kindle unlimited1日に1000頁以上読まれた人気の指南書です。

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの?Novelist's brain? - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/異音

 

創作の動機/異音

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『異音』です。

ショートショート『異音』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com

 

【CONTENTS】

 

過去の出来事


小説を書く時に、どの作者の方も少しはご自身の経験を作品内に盛り込まれた経験はあるかと思います。私の場合も例外ではなく、と言うよりも、かなりの割合で実体験を盛り込んでいます。こんな話をすると作品によっては『ヒラサワって犯罪者?』なんて話になるといけないので、勿論『法に触れない範囲』でと言う事になりますが。
例えば周囲の人々との会話など、そう言った『やり取り』の部分などはとても作品に盛り込みやすい要素で、それは会話の『一部』であったり、『口調・口癖』、『言葉を交わした場面』など、出来れば部分的な所に絞って、後は『アレンジ』するのが個人的に良いと思っています。
そして会話である以上、当然その中に『プライバシー』が含まれる事もあるので、私の様に『正体不明』のまま活動している人は大丈夫ですが、知人が作品を読む可能性のある方は、特に書き方に注意が必要ですね。『これって、私の事?』なんて話になってもいけませんので。

 

 

こちらは私の著書である『作家脳シリーズ』です。既にご好評いただいている
Vol.1は、常にAmazonランキング(文学理論カテゴリー)に登場する人気の書籍です。
シリーズ第二弾と第三弾であるVol.2、Vol.3は、Vol.1で作り上げた『作家脳』を更に『鍛え』、その作家脳を『持続させる』為の方法です。
様々なテクニックと、サンプルショートショートによる実践的な解説です。是非Vol.1と合わせてお読みいただければ、きっと貴方の『創作』の良き『パートナー』となるでしょう。
 
シリーズ第二弾

 
シリーズ第三弾

 

抽出されたネタ


【音】【異音】【恐怖】

今回のテーマは『音』でした。身近なところで『音』と言うと『音楽』などが連想されやすいですが、『音楽』の場合は楽しかったり、平和だったりと、そんなイメージです。しかし、私の中にある『音』のイメージには『異音』と言うのもあって、こちらはあまり良くないイメージです。何故こんなイメージがあるかと言うと、過去に電子機器に関係した仕事に就いていたせいで、製品の検査で異常を発見する為の材料として『音』を利用する事がよくありました。勿論『異音』は『故障』などの印です。
そして、その『異音』がした時、私が感じたのは『恐怖』。こう書くと大袈裟ですが、少なくとも心の中には良くない感情が湧くのは事実でした。では、物語の中で恐怖を感じる『音』とは一体何だろう?

 


創作の開始地点

 

仲の良くない夫婦が居て、出かける度に何かしら小さな揉め事が起こる。互いに相手は先々の夫婦関係を継続する意思があるかも定かではない。互いに離れる心と、そして夫に芽生える『浮気心』。無関心な妻は日常の夫の行動に不信感を抱くことなく過ごしており、夫もそれに安心している。何かのきっかけで、妻に芽生えた不信感。それが確信に至るまでに時間は掛からなかった。

妻は夫をドライブに行きたいと誘う。特に行先も決めず出発するのはいつもの事だったが、妻は『山』に行きたいと言い出す。そして夫の運転が気に入らない妻は自分が運転すると言い出す。道中『変だ』と言い路肩に止めた車の『異音』を確認するが、原因は不明だ。

再び山中へと向かう車。仕事疲れで居眠りする夫。目覚めると既に車は山中にあって、斜面に停車した車から再び『異音』がすると言って確かめようとする妻。夫は妻に代わって『異音』の原因を探ろうとするが……。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの?Novelist's brain? - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/私の庭

 

創作の動機/私の庭

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『私の庭』です。

 

【CONTENTS】

 

過去の出来事


常々私が疑問に思うのは『夫婦間』の関係性で、周囲から見ると羨ましく思えるご夫婦がいる中で、それとは真逆に『どうして一緒に居るの?』と疑問を感じてしまう方々が居るのも事実ですし、どちらかと言うと『後者』の方がよく見かける様な……。
実際問題として『夫婦間』と言うのは、『よく理解できない』と言った部分が多くあるもので、『趣味』を始めとして『共通』の部分がある程度必要な反面、『真逆』の部分をそれぞれ持っていて、共に『補い合う』ような面も必要な訳です。
様々な巡り合わせの結果そうした『夫婦』が誕生していて、それが長続きしているならば、『その辺り』が上手く『噛み合っている』って事なんでしょうねえ。

 

抽出されたネタ

 

【庭】【夫婦】【理解不能

今回用意されていたテーマは『庭』だったのですが、この時期少し『ガーデニング』なんかに興味があったので、先ずはその近辺から物語を考えようと思いました。
例えば妻が『庭づくり』に精を出していた場合、その出来上がった『庭』は、『妻の一部』の様な存在であると夫は感じるのではないかと思う訳です。そうした『想い』を強く感じるのは、それをやっていた『本人が居なくなった時』ではないかと。手をかけて『作り上げた庭』。それが『離婚危機』に訪れた場合、夫はしみじみ想いに耽る。
そして、こうした『危機』を生む可能性のあるのが『理解不能』と言う状況です。前述の通り、夫婦間で『補い合う』部分とは、通常『真逆』の部分だったりする訳で、こうした部分は補ってもらっている反面、『理解出来ない部分』だったりするので、そこには『すれ違い』を発生させる要因になる場合もある訳です。この辺りの『バランス感』が実に難しいんでしょうね、現実世界では。

 

こちらは私の著書である『作家脳シリーズ』です。既にご好評いただいている
Vol.1は、常にAmazonランキング(文学理論カテゴリー)に登場する人気の書籍です。
シリーズ第二弾と第三弾であるVol.2、Vol.3は、Vol.1で作り上げた『作家脳』を更に『鍛え』、その作家脳を『持続させる』為の方法です。
様々なテクニックと、サンプルショートショートによる実践的な解説です。是非Vol.1と合わせてお読みいただければ、きっと貴方の『創作』の良き『パートナー』となるでしょう。
 
シリーズ第二弾

 
シリーズ第三弾

 

創作の開始地点

 

パートタイムの出勤前、何気なく見ていた情報番組の特集コーナーの予告映像に釘付けになる。そこに映っているのは、かつての我が家と元夫の姿に見えたからだ。
マイペースだった元夫は、何の相談もなく会社を辞めて自営業を始めようとする。高齢の母親の事や将来への経済的な不安。耐え切れなくなって離婚を決めた。
特集コーナーの内容は『ゴミ屋敷』。あれ程綺麗だったかつてのマイホームが、そんな姿になっている。主人公は、その事実を確認するため、元夫の住むかつてのマイホームを目指す。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの?Novelist's brain? - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/新生物

創作の動機/新生物

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『新生物』です。

ショートショート『新生物』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com



 

【CONTENTS】

 

過去の出来事

 

普段から私は『ストレスは小説のネタに』と言ったニュアンスの事を書いていますが、小説の中でも『ショートショート』は一つの作品の文字数が少ない分、ネタを『量産』しなければなりません。そんな訳で、私は日頃から何でも『ネタ』にしようと思考を巡らせています。中でも『ストレス』は人にとって『インパクト』の強いもので、『良い事』に比べ『悪い事』の方が記憶に残りやすい様です。
しかし、そんな『ストレス』も『笑い』に変えられるなら楽しい事の一つに加える事が出来るのではないでしょうか?

過去に勤めていた企業で、私よりも随分と若い社員がやって来ました。彼は実に優秀で、周囲の先輩方よりも高学歴で、若い割には知識もありました。しかし、それを自覚していたのか態度が大きく、時には先輩を馬鹿にしたような発言まで。達者な『口』は先輩方からの注意の言葉もあっさりと撥ねつけ、やがて皆は『腫れ物』に触るかの様、彼の扱いには頭を悩ませていました。
しかし、彼には大きな『弱点』がありました。それは、恋愛に関しては全く『奥手』だったのです。

 

 

 

こちらは私の著書である『作家脳シリーズ』です。既にご好評いただいている
Vol.1は、常にAmazonランキング(文学理論カテゴリー)に登場する人気の書籍です。
シリーズ第二弾と第三弾であるVol.2、Vol.3は、Vol.1で作り上げた『作家脳』を更に『鍛え』、その作家脳を『持続させる』為の方法です。
様々なテクニックと、サンプルショートショートによる実践的な解説です。是非Vol.1と合わせてお読みいただければ、きっと貴方の『創作』の良き『パートナー』となるでしょう。
 
シリーズ第二弾

 

抽出されたネタ


【純情】【傲慢】【弱点】

 

人の長所と短所は、それが表れる場面や程度によって、どちらにもなり得るものだと思います。一般的にはあまり顕著に出てしまうと『短所』と」して取られやすい気がします。
前述の新人クンの場合、それらがもっと『控えめ』であったとしたら、もう少し周囲の人達から可愛がられたに違いありません。女性に対して『奥手』な部分など、先輩達からすればアドバイス出来る格好のネタだったのに。
今回の作品は少し違ったパターンのオチですが、同様のエピソードがベースになっている場合、『オチ』でのギャップの大きい作品も面白いでしょう。
それまでの過程で周囲は新人をギャフンと言わせたいところなのですが、そこはグッと我慢して、むしろ更に新人が調子に乗ってしまう様なエピソードを事前に盛り込み、その後グッと『落とす』のです。そうする事で『落差』が大きくなり、最後のオチが効果的に作用する作品も書く事が可能です。

 

創作の開始地点

 

入所したての新人研究員は高学歴でプライドが高く、若い割には知識も豊富で、それを鼻にかけた様な態度は周囲の反感を買っていた。先輩達や所長は彼に対して常に過剰な気遣いをしながらの日々で、誰しも扱いには困り果てていた。
周囲の人々は経験が浅いのだから、もっと謙虚になる様に自覚させたい気持ちだったが、あるその新人研究員が『新生物』を発見し、尚のこと調子づく事態となってしまう。
さて、この研究員は、上手く周囲に溶け込めるのか?

シリーズ第三弾

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの〜Novelist's brain〜 - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

 

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/スミレ先輩

創作の動機/スミレ先輩

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『スミレ先輩』です。

ショートショート『スミレ先輩』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com

 

【CONTENTS】

 

過去の出来事

 

他人のイメージは、先ず『第一印象』からだと思いますが、その後は実際にその相手と接する内に、その人がどんなタイプの人かを徐々に理解してゆくのが一般的な流れかと思います。
しかし、例えば職場の同僚など、既に何年も一緒に居たにも関わらず、『意外な一面』を見てしまう瞬間と言うのがあるのも事実です。職場などでは特に、広く『ルーティンワーク』になっている事もあるでしょうし、プライベートな面を全く見せない人もいるので、そうした『瞬間』は結構多いのかもしれません。

過去に勤務先の会社と取引関係にあった男性とは、時々プライベートな会話もする関係にあったのですが、長身で体格も良かった男性の体重は推定で百キロ超。趣味は『ゴルフ』でプロ並みの腕前。打った時の『飛距離』も相当な物だったのですが、意外に『小さい物』が好きだったんです。
自家用車は『小型乗用車』。どう見ても運転してる感じは『窮屈そう』だし、もっと驚いたのは、数年前まで乗っていたバイクが『原付スポーツタイプ』。その昔『ポケットバイク』と言うものがあってのですが、その人が原付バイクに乗ると、それを思い起こしてしまう様なイメージでした。意外と『カワイイ』ところがあったんですね。

 

 

 

抽出されたネタ

 

【純情】【ギャップ】【カワイイ】

 

この時のテーマが『純情』だったのですが、それを聞いた時、『素直でカワイイ』の言うのが私の抱くイメージでした。物語を書く上で、特にショートショートは『オチ』が重要ですから、そこにはやはり『ギャップ』を入れようと思いました。その為の仕掛けは勿論『ミスリード』です。
何処からどう見ても『しっかり者』である人物が、実は周囲がズッコケるほど『頼りない』或いは『お茶目』な部分を突然見せたら、きっと面白いのではないでしょうか?

 

 

創作の開始地点

 

『完全無欠』と思われる職場での先輩女子社員。男性達が一目置くほどの『男勝り』な部分もあって、後輩社員にとっては『憧れの的』だった。『恋愛経験』も豊富で、相手の男性もハイレベルな人達ばかりだった。
しかし、後輩社員には気になる事がある。女性なら十分以上に『結婚対象』となる男性達と、先輩は長続きしない。特に相手に欠点があるようには思えないし、先輩が『飽き性』の様にも感じない。『別れる理由』が見当たらないのだ。
そんな先輩が持つ『意外な一面』とは一体……。

 

 

 

kindle unlimited1日に1000頁以上読まれた人気の指南書です。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの〜Novelist's brain〜 - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!

(小説・ショートショートの書き方)創作の動機/Recipe

 

創作の動機/Recipe

 

ショートショートの創作プロセスを、その『動機』に絞って公開するものです。深くそれを知ることで、ご自身の創作時のヒントにして頂きたいと思います。
今回の作品は『Recipe』です。

ショートショート『Recipe』の全文はこちら↓↓↓

rhirasawanb.hatenablog.com

 

【CONTENTS】

 


過去の出来事

 

『料理』を作る時って、皆さん『レシピ』をご覧になると思うのですが、私は個人的に『マニュアル人間』なので、書いている内容を実に真面目に守ろうとしてしまう。そして、その結果が実際には『思わしくない』時が結構あって、これを妻に尋ねてみると「レシピ通りにするから駄目なのよ」との答え。「じゃあ、『レシピ』って何のためにあるの?」って言いたくなりますよね?
実はそう言う私も、レシピを全く使わないものが一つだけあって、それは『お好みソース』なんです。『お好み焼き』には子供の頃から『こだわりの味』と言うのがあって、色々試しましたが市販の商品ではいつも満足がいかない。色々調合するうちに、結局自分でソースは作る事になり、現在に至ります。
この時はちゃんと何度も味見をしながら整えるんですが、これが何故か『インスタントコーヒー』になると、全く上手くいかない。これまで何度かブログのネタや、作品の中に登場させていますが、コーヒーについては味見を繰り返すと、まるで味が分からなくなるんですね。だから、味見をしない。結果として不味いコーヒーが出来上がってしまうため、今ではちゃんと測りで調合しておいたものを、計量スプーンですくってコーヒーを作っています。これでやっと毎回同じ味を楽しむ事が出来ているんです。

 

 

 

抽出されたネタ


【Recipe】【味の再現】【恋人の条件


先述のお話から、私にとっては『レシピって何なんだ』って事になったんですが、一応は『味の再現』って所に無理矢理落ち着かせて、細かい部分は作る人によるんだって事にしました。
それからもう一つ。古い言い方かもしれませんが、結婚式なんかで『新郎の胃袋を掴む』なんて表現があって、要は『料理上手な奥様』の事なんですが、男性にとっては実に有難いお話です。お家で美味しい料理が食べられる訳ですからね。
男性側の理想を聞いたときに『料理』の事を話す人も結構いて、勿論上手な方が有利ではあると思いますが、そんな事を考えていた時、たまたまドラマに出ていた人気のイケメン俳優さんを見ていて、私は勝手に『この人も何処かにギャップを抱えている』、なんて勝手に決めつけて考えてみたんです。
普段はカッコイイんだけど、周囲の人達が聞くと驚く様な『ギャップ』。こんな内容を作品にもりこんだら、面白いんじゃないかな、と思ったのが今回の流れです。

 

 

創作の開始地点

 

誰もが恋人にしたいと思う様なイケメン男性。周囲には既に恋人と友達の中間の様な女性達が複数いる。しかし、未だ彼には『本命』がいない。
長身のイケメンで、頭脳明晰、スポーツ万能と、非の打ち所がない彼には、外見のスマートさとは違って、独特な価値観があった。
周囲の女性たちは、その『価値観』を探るべく『我こそ本命』と自分磨きに力を注ぐのだが……。

kindle unlimited1日に1000頁以上読まれた人気の指南書です。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しています。面白かった方は応援お願いします。

 

R・ヒラサワの〜Novelist's brain〜 - にほんブログ村

↑↑↑読者登録はこちらからお願いします。

 


ショートショートランキング

↑↑↑最新のランキングチェックはこちら!